何かあっても大丈夫!かかりつけ医を見つけておくメリットとは

0 Comments

高齢化社会に伴い1人暮らしの高齢者が増えたことで、大規模な病院だけでなく小規模の病院も増えています。近所の小規模な病院やクリニックは通いやすいので最適です。長く健康であり続けるためにもかかりつけ医を見つけておくことをおすすめします。ここでは、かかりつけ医の役割とメリットについて解説します。かかりつけ医に興味がある人は、ぜひ参考にしてください。

1.かかりつけ医の役割とは

かかりつけ医の役割は患者との相互理解を深めることで患者の健康状態を把握し、周囲の家族の健康状態も相談できる存在となることです。体調不良になってから診てもらうだけではなく、日頃の健康状態を共有することで病気になりにくいカラダ作りを手伝ってもらえますよ。現代の日本は医療の発展に伴い、高齢化社会に突き進んでいます。1人暮らしをしている高齢者にとって、かかりつけ医の存在は健康に長生きするためのパートナーともいえるでしょう。

2.かかりつけ医のメリットとは

かかりつけ医の役割を理解したところで、メリットについて知りたいですよね。かかりつけ医を作っておくことで、何かあっても大丈夫という安心感を得られるだけでなく3つのメリットがありますよ。

  • すぐに受診できる
  • 病気のリスクを抑えられる
  • 提携した医療機関で治療を受けられる

それぞれ説明しますね。

・すぐに受診できる

予約なしで大規模な病院に診てもらう場合、診察までに1時間以上待たされることもあります。近所の小規模な病院やクリニックでのかかりつけ医であれば、予約なしでも受診までの待ち時間短いのがメリットです。すでにカルテも作成されているので問診に時間を割かれることもなく、スムーズに診察をすることができます。すぐに受診できるかかりつけ医であれば、ストレスも少ないといえるでしょう。

・病気のリスクを抑えられる

かかりつけ医にはカルテだけでなく今までの診察結果があるので、検査結果の違いに気付きやすいですよ。検査結果の違いがある場合、何らかの病気の可能性を考慮しなければなりません。かかりつけ医には日頃の食事や生活などの相談もできるので、さまざまなアドバイスをくれることもあります。情報を共有することで病気の早期発見や予防にもなるので、病気のリスクを抑えられる点でメリットとなりますよ。

・提携した医療機関で治療を受けられる

かかりつけ医は患者の健康状態を把握しているので、受けるべき医療を理解しています。自分で健康状態を把握していなければ、「何科に診てもらえばいいのか…」と迷ってしまうことになりますが、かかりつけ医は適切な医療行為を判断することが可能です。身体の状態に合わせて提携した医療機関を紹介してくれるので、かかりつけ医を作っておくことをおすすめしますよ。

3.まとめ

自分の健康状態を理解し、適切な医療を受けるのって難しいですよね。かかりつけ医は患者と情報を共有することができるので、健康状態を相談できるパートナー的な存在です。かかりつけ医を作っておくことで、体調不良時にすぐに受診できるだけでなく、提携した医療機関で適切な医療行為を受けられるメリットがあります。かかりつけ医は長生きして健康的な生活を送るために欠かせないといっても過言ではありませんよ。