病院選びのポイント「分かりやすい言葉で丁寧に説明してくれる医師を選ぶ」

0 Comments

あなた自身や家族、大事な人が急なケガや病気にかかってしまったとき、あなたならどうしますか?一般的な人ならば、診察や精密な検査を受けるために病院へ行くでしょう。ですが、ケガや病気はいつ何時起こりうるかわかりません。考える余裕がなく突発的に起こることも十分にあり得ます。予期せず起こってしまった事態にすぐに対応できるよう、あらかじめかかりつけの病院やかかりつけ医を決めておくことが大事です。ここでは、病院(医師)を選ぶ上でのポイントのひとつ「分かりやすい言葉で丁寧に説明してくれる医師を選ぶ」について解説します。

病院選びのポイント「分かりやすい言葉で丁寧に説明してくれる医師を選ぶ」

「分かりやすい言葉でしっかりと丁寧に説明してくれること」、「質問を行ったときに答えをしっかりと教えてくれること」この2点はかかりつけ医やかかりつけの医院を選ぶ上で重視したい条件のひとつです。私たちの知識は当然、専門医に比べて劣ります。普段聞くことのない病気、または回復や治療に時間がかかる病気などにかかってしまった場合、診断結果を聞いても、医師の説明が難しかったら私たちはしっかりと理解することができませんよね。自分または身近な家族の病気なのに自分自身がまったく理解できていないと当然、不安も膨らんでしまいます。またそれだけではなく、私たち患者は主観的に治療に関わることもできなくなってしまいます。

ここからは私の個人的なお話となってしまいますが、私の祖母は大腸がんと診断されました。がんといえば代表的な病気の一つとなりますが、いざ大切な身内が病気となったとき、自分自身の浅はかな知識を知りました。そんなときに頼れるのはやはり、病院や医師の方々でしょう。しかし、私たち家族は最初の病院選びに失敗をしてしまいました。病気の進行は待ってはくれません。毎日刻々と病状が悪化していくのです。そういった状況で病院を選ぶのはなかなか難しいことでもありますので、あらかじめ病院や医師を決めておくことは重要なんですね。

かかりつけ医、かかりつけの医院は私たち一人ひとりによって理想とするものが違いますが、初診でかかる際にこれまでの病歴や家族の病歴などをしっかりと聞いてくれる医師や、診察時にデータに頼りすぎずきちんとあなた自身を診てくれる医師、こういった患者の健康状態に常に気を配り努めようとする医師は高感度が非常に高いといえるでしょう。ただし、患者の言いなりにばかりなる医師はNG です。少なからずダメな事はダメと、私たち患者の健康状態を考えしっかりといえることも大事です。厳しさと優しさの両方を兼ね備えた医師が理想的でしょう。皆さんもかかりつけ医やかかりつけの医院を決める際には参考にしてみてください。