病院選びのポイント「専門医に紹介してくれる医師を選ぶ」

0 Comments

あなたやあなたの家族がもし急な病気やケガを負ってしまったとき、やはり頼れるのは病院ですよね。しかし、かかりつけの病院やかかりつけの医師がいなかった場合、あなたならどうしますか?一般的には自宅から距離が近く、すぐに症状を見てくれる病院を選ぶかと思いますが、自宅付近の病院がすべて良い病院とは限りません。急な事態が起きたとき冷静に対処するためには、あらかじめかかりつけの病院やかかりつけの信頼できる医師を決めておくことが大事です。ここでは、病院(医師)選びのポイントのひとつ「専門医に紹介してくれる医師を選ぶ」について解説します。

病院選びのポイント「専門医に紹介してくれる医師を選ぶ」

かかりつけ医またはかかりつけの医院といえば、あなた自身やあなたの大切な家族の体を預ける場所でもあります。そんなかかりつけ医(医院)の重要な役割のひとつといえば、精密な検査や検査入院が必要となったとき、速やかに専門医がいるほかの医院への紹介状や診断書、報告書などを作成することです。検査入院や検査が必要な場合でも患者を抱え込みなかなか紹介状を書いてくれない医師も中にはいます。患者やご家族の体を第一に考え、いつでも最善の選択を示してくれる医師は非常に頼りがいがあるといえるでしょう。更に、小さいお子様や高齢者の方が急に具合を悪くしてしまったとき、かかりつけの診療所が休診だった場合、私たちはどうしたらよいかわからなくなってしまいますよね。そんな緊急時の対応についてもしっかりと提示してくれる医師も、かかりつけ医として十分に責任を果たしている信頼すべき医師といえるでしょう。

しかし、中には、言い方は悪いですが、面倒くさい患者にはすぐに紹介状を書いて別の病院へ回してしまう医師や、ベッドの空きが足らずに治療中の患者をすぐに退院させてしまうといった医師もいます。そういった病院や医師にご自身やご自身のご家族を委ねるのはとても不安ですし嫌ですよね、、患者と向き合い親身になってくれるより良い医師と出会うためにはいろいろな病院を見て、医師と診察を通して触れ合うことも大事です。あなたのかかりつけ医となる医師はどんな風にあなたに接してくれるか、どんな人柄なのかをよくみておきましょう。そして、あなた自身やあなたの大切な家族の命を委ねることができるのか、しっかりと見極めましょう。病院や医師を選ぶことは非常に大変ですが、万が一に備えて安心できる場所を確保しておきましょう。